大切なお金のお話

大切なお金のお話

ブログの更新情報

家族でも個人的なお金の貸し借りはほぼしない

2014年12月31日 13:27 /

友人知人にお金を貸すことやお金を借りることは滅多になく、今まで生きてきて2~3回くらいしかお金を貸したことがありません。 終電を逃して帰りの電車がなくなり、タクシーしかないから交通費を貸したことはありますが、 基本的に家族でもお金の貸し借りはしない方が良いと思っています。 たとえば一緒に飲食をしてたまたまお金を持っていないという時には貸すというよりも、おごります。 もしも、奢ってもらうことを狙っているような人であれば、もうその後は誘いも断ります。 日本人には多いと思いますが、お金を貸してしまうと「返して」って言う時に、 なんかこっちが小さい人間みたいに思えてしまうので返してもらいにくいんですよね。 そうなると私もストレスが貯まりますし、人間関係がおかしくなるので、 よほどの緊急事態で1万円以下だったら貸すことはあるでしょう。

バランス重視でお金を借りる

2013年12月26日 14:05 /

どっちも取ります。一見、お金が低いように見えても、それで自分の実になったり、積み重ねることで 悪い風に転がらないようなら、仕事として取り組むだろうし、逆にお金はすごく高くても 一過性のものであったり、それを仕事としてすることで自分にすごく負荷がかかるようなら、 のちのち、結局お金が逃げていくように思うので、取り組みません。もちろんキャッシングでお金を借りるなんてことはしませんよ。 自分にとって、それを続けることでどの程度楽しさが得られるのか、とか、 どの程度、えぐい感じの負荷がかかるのかを考慮します。 あとは、仕事の出力に対して、不自然に対価が高かったり、低かったりするものに関しては、 長い目で見るとバランスされていくように思うので、そんなに熱くなることもないのかな、と思うように なりました。

消費者金融を上手に利用するならいいけど

2013年10月10日 15:00 /

私は友人間のお金の貸し借りを快く思わないので、お金に困っていてもお金を貸すということはしないと思います。また友人がプロミスやモビット、消費者金融のアコムなどからお金を借りるようなことがあったら阻止します。友達には特に消費者金融から借金をしてほしくないのです。消費者金融を決して否定はしていません。ただ、消費者金融を上手に利用するならいいけど、ギャンブルなどで足りなくなったから消費者金融を利用するとかはマズイです。 ですが、1000円ほどだったら貸すのではなくあげるかもしれません。 また、お金がなくて困っているのであれば、おそらく食べ物に困っているのではないかと思うので、自宅へ食事に招待すると思います。 それほど豪華な食事を作ってあげられるとは思いませんが、お金の目処がつくまでは面倒をみてあげたいなと思います。 もし、自宅を追われるほどお金に困っているようであれば、しばらく居候をさせてあげると思います。 しかし、本人の努力、例えば無職の期間が長かったり、ギャンブルで作った借金で困っているというような場合は、大事な友達だからこそ、助けないと思います。